スポンサーサイト

  • 2007.02.25 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ガラスの艦隊 23話「血戒のごとく・・・」

起きたらビックリ白髪頭になってしまったヴェッティ様。
そして次に発作が起きればおそらく死ぬ。
ミュスカが神妙な面持ちで語ってたら、
やって参りました!レイチェルです。
のんきに花なんか持ってきちゃってるし。
「あなたのカワイイラルフ君は自分探しの旅に出たんですって」
ウソつけ!ヴェッティにバレてるし。
しつこいレイチェルにヴェッティはレイチェルも人民も自分の
道具に過ぎないとぶっちゃけちゃいます。
ショックを受けるレイチェル。
更に追い討ちのゴルナ法皇からも真相を明かされ

レイチェル壊れる

チョウチョ(蛾かな?)を見て
「飛びます。私も飛びます」発言はレイチェルも終わったなぁ、という感じ。

ノヴィとアイメルは良い感じになり、
ハイザックの想いが通じたのか、シルアもまんざらでもない感じ。
「私はお前が一番大事だ」
「そのセリフ、胸に刻んでおくぜ」
クレオとミシェルも引き続き良い感じです。
ジャンおじいちゃんがクレオにミシェルをラシーヌに戻して欲しいと
頼んでたけど、もう戻したことをしったら、おじいちゃんキレそう(笑)

そして始まる神聖皇帝軍との戦争。
敵はガラスの艦隊の装甲を部分的に装着してるようです。
「王家秘伝・・・敗れたり」
しかも、装甲の強さも本物のようです。
神聖皇帝軍有利かと思いきや、ゴルナ法皇のコートドール乗っ取り
事件で拉致られるヴェッティ。
弓で倒れたミュスカに優しかったのは意外だったなぁ。
本当は女にも優しいんですね。
領民はコートドールが黒十字に向かってない事に
ご不満な領民はゴルナ法皇に元に殴りこみ。

「十字の光に幸あらんことを」

なんとゴルナ法皇を刺したのはレイチェル!
やるだろうなとは思ってたけど、本当にやるとは。
もう、ウルグザーネも脱帽の凄腕の暗殺術ですよ。

ヴェッティは逃げ出そうとするが、民衆に見付かってしまう。

「ヴェッティだ。もう一人の悪魔がいるぞ」
「悪魔を吊るせ」


せまりくる民衆。
そして、

ガラスの艦隊・完


もう、何というか

最終話まで放送しろ!


ですよ。まぁ、大人の事情があるんでしょうけど。
見たいけど、見れないしなぁ。
でも、見たいなぁ。
最終話の変わりに総集編を放送しなかったら良かったのに。
すげぇ気になるので機会があったら絶対見たいなぁ。




ガラスの艦隊 22話「修羅のごとく・・・」

「汚れた唇を洗い清めてくる」

ヴェッティ節キター!!
さすがにこのセリフは言われたらヘコむどころではすまない
ダメージですよ。
今までのヴェッティの言葉イジメに耐えてきたレイチェルも
今回のセリフには大ショック・・・

「やっと分かったわぁ。ヴェッティ様を悪しき道へ導いていたのが誰か。」

ラルフは無実だよ!!

ヴェッティのさんざんないやがらせ攻撃のせいでレイチェルの思考回路が
更に狂ってしまったらしく、怒りの矛先がラルフに・・・
ヴェッティに自慢の服を見て欲しくて部屋を出るラルフ。
そして・・・

ラルフがぁぁぁぁ(泣)

まさかレイチェルに刺殺されるとは夢にも思わなかった。
ついこの間は『僕が愛の神なんだ』と喜び
今回はヴェッティの為に予言の謎を解き
更にはご自慢の服をヴェッティに見てもらおうとした矢先の事件。
しかも、ラルフの遺体は宇宙に捨てられてしまう・・・
返り血を浴びたレイチェルはもう『愛の神』ではなく
『鬼』ですよ。
ラルフは最後まで生き残ると思ってたのに(泣)
というかガラ艦で一番好きなキャラでした。

ブレスレッド内の戦艦奪取に来たヴェッティとそれを
突き止めたクレオ。
そして、発見した戦艦内に入るヴェッティ、レイチェルと
クレオ、ミシェル。
中に入ると、この前ペッシャンコになったギルティ人形復活。
何でも、クレオとヴェッティはやはり双子で
予言を実現するために人工的に遺伝子変化を受けてるらしい。
おせっかいばかり言ってるギルティ人形にヴェッティ切れる。
ペッシャンコの次は首チョンパ&顔面踏み付けで2体目も
ブッ壊されるギルティ人形(笑)

戦闘意欲のないクレオにヴェッティが剣を向けるも
アイメルがクレオを庇い負傷・・・
果たして2人は和解するのか?
法皇も遠隔操作完了で何か行動を起こす様子。

そして

次回最終回

どんな終わりになるのか想像できないんですけど・・・
何か中途半端に終わりそうな気が・・・

ガラスの艦隊 21話「深紅のごとく・・・」

ヴェッティとの話し合いの席を設けるために
他の貴族達の協力を得るために仕事が募り疲れがたまっているミシェル。
夜中にクレオの部屋に行くも、クレオは外にお出かけ中。
ミシェルを追い、森の中に入っていくと
何者かに追われるミシェル。
そして、

何故か穴に転落

ミシェルとクレオは山小屋で一休み。
一体何に追われていたのか?何故落とし穴があるのか?
いくらなんでも山小屋は都合良すぎでは?
とツッコミところ満載です(笑)
小屋の中でクレオは昔話をする。
実はクレオ、昔はそんなに強くはなかったんですね。
『天下を取る』とは子供の時から言っていたようです。
ちなみに当時の必殺技は『玉つぶし』です(笑)

エッカルドに剣術や戦術を習ったクレオ。
しかし、エッカルドは死にクレオに
『アイオロス』=『ガラスの戦艦』
を託したようです。

「今だけは女だと思ってくれ」

「黙って俺のものになればいい」


(ガチンコ風に書くと)
「クレオ。あんた一体どこにいるんだよ」
霧の深い森の中、クレオを探すアイメル。
そして灯りがついた山小屋の中を覗くアイメル・・・
しかし、そこには信じられない光景が!!

裸でキスしてるミシェルとクレオ


アイメルに覗かれっちゃってるよ〜
カーテンぐらい閉めようよ(笑)
これでクレオとミシェルの愛情度はMAXですね。

ヴェッティはゴルナ法皇のい企みを見抜き、法皇を牢屋送りに。
それに不服なレイチェルはヴェッティに抗議、しかし相手にされず。

「あなたの愛人なのですか?」

  バシ!


ヴェッティが男しか愛せないのは知ってるくせに思わずミュスカに
やきもちを焼いてしまったレイチェルはクレオにビンタされる。
昼ドラ展開??

ミュスカの診断ではクレオとヴェッティのソレイユは元は一つのものが
二つに分かれたらしい。
そして、ラルフは何か鍵となるものを見つけた様子。
そして次回は何とクレオとヴェッティが剣を交えている。
と言う事は結構話が進むのですかね。

ガラスの艦隊 20話「瓦解のごとく・・・」

みんなと銀河を脱出するにはどうしても、ヴェッティの力が必要だという
クレオに大反対なミシェル。
2人の会話に乱入してくるBB。
「あら、失礼。中々面白い話をしているわね。私も仲間に入れてくださる?」
と楽しそうなBB。でもあなたの部下がどんどん暗殺されてますよ。
「あんた気付いてたのか?」
「同じ性ですもの」
でも、自分でミシェルが女だということに気がついた
女はBBだけのような気が(笑)

ヴェッティの精鋭部隊に拉致されるミシェルとBB。
精鋭部隊ってこんなに強いんですね。ってか強すぎ。
今までとは違い、暗殺という方法での戦闘も味があって良い。
1部隊で領土全部やられるのも問題な気がしますけどね。
クレオの言うとおりワインの飲みすぎが原因?

ミシェルとウルグザーネは対立する同士だが志は同じ。
『守りたい人の為に闘う』
家族の為、友人の為、恋人の為・・・
しかし『不幸な者の為に闘う』のか『今ある幸せを守る為に闘う』のか。
それだけは2人の間で違うところですね。

ノヴィがキャッチした暗号でミシェルたちの居場所を突き止めたクレオは
ガラスの戦艦でワイン倉庫に突っ込む。
ワイン大洪水でBB失神はウケた(笑)

「戦法ってのは相手の意表をつくところに意味があんのよ」

下手したらミシェルとBBごとふっ飛ばしてたかも知れない戦法は
大丈夫なの?
「言ったろ。意表をつくんだよ」
クレオがミシェルの髪から剣を突き出し、ウルグザーネをグサリ。
おお!これは完全に意表をついてますね。
このシーンは結構カッコイイ!!
ワインに流された精鋭部隊の残りは、なんだかあっさり御用されてました。
実は弱い??

BBはクレオに付くことを決め、またミシェルもウルグザーネとの
会話で神聖皇帝軍と手を組むこともできるかもしれないと考える。

ミュスカの診断ではヴェッティの寿命はいよいよヤバいらしい。
そして、歌を歌いながらバラの花をとっていくレイチェルが怖すぎ!!
部屋中をバラの花だらけにしてるし。
何だか回を重ねるごとに変人ぶりが上がってるけど
ヴェッティの悪口言ってるゴルナ法皇とかレイチェルに殺されそう。
脱獄集6人組みも、とうとう後2人に・・・
残りの2人は生き残って欲しいです。
そして、ミシェルにクレオを取られつつ?あるアイメルも気になる。

ガラスの艦隊 19話「覇道のごとく・・・」

裏切り!殺人!強盗!

とやりたい放題?の過去を持つゴルナ法皇。
黒十字から助かるのにヴェッティには任せられないので裏切るつもりとカミングアウト。
過去に最後の王マルグス・ポルベーユを刺殺した事をカミングアウト。
しかも、剣も引っ手繰った事もカミングアウト。
さらに娘に責任を押し付ける(笑)
「お前の愛するヴェッティの為でもあるのだ」なんてウソばっか〜りな
ゴルナ法皇。その剣でレイチェルに刺されそうな気がする。
ヴェッティの寝室で父から授かった王殺しの剣をなでなでしてるのとか
レイチェルこわ〜い。
ラルフが『愛の神=ラルフ』だと言いたいのとかが見てて面白かったなぁ。
ヴェッティ様は当然、クレオに首ったけなんですけどね。
お疲れのヴェッティ様はマイホームの寝室に戻ると、レイチェルが待っています。
ヴェッティはいつも通り、半シカト。レイチェルがブツブツ言ってるのに
部屋出ていっちゃう。
それを見たレイチェルは何故か勝ち誇った顔・・・
必勝の策アリ??
コンラッドはヴェッティにクレオたちがBB領に行った事を告げ
更に精鋭部隊も用意しました!
が・・・

凄いのが出てきました(笑)

こいつ本当に大丈夫なの??
しかし、次回予告では早速活躍してる様子。キャラは外見じゃない??
というか、こいつ暗殺者だったのね。ますます可笑しい

クレオ側では
愛の告白ともとれる発言をしながら撃ちまくるハイザック。
しかし、シルアが敵の攻撃をかわしきれないと
「二人の息が合わないとは不吉な」とガッカリしてしまうハイザック(笑)
果たして今までで息があった事があったのかは疑問だったけど
ハイザックからすれば息が合っていたらしい。
ガラスの戦艦がピンチに来たよクレオが!
そして、

宇宙にダ〜イブ!!

ミシェル兄は宇宙に投げ飛ばされて死んだなんて設定は
この際忘れましょう。
これがガラ艦ワールドなんですよ(笑)
しかも、クレオ勢いよく飛び出したは良いものの風だか爆風かに煽られて
ガラスの戦艦から離れていってしまう・・・
しか〜し、バカクレオの行動を呼んでいたミシェルはロープで自分の体を
縛り、ジャンプしてクレオの手を取りメリーゴーランド状態で帰還成功!
なんだか乙女になったミシェルでした。
敵を振り切り、これでメンバーと合流。
シルアはあんなにクレオ一味の事を良く思ってなかったのに
今じゃすっかり打ち解けてますね。ハイザックとの恋は果たして実るのか?
ミシェルはクレオにちゃっかり間接キスしたハーモニカを返上。
そして、BBに会いに行き、今、銀河で起こっていることを言い
BBを仲間にしようとする。

自分の為に動くのではなく、みんなの為に動く


ガウェイン提督に会い、男っぷりを上げたクレオ。
そして考えも変わったクレオ。
来週の予告からするとワインが洪水状態だったからBB領で暗殺者に狙われるのかな?
バダットも何か思いつめた顔してたけど大丈夫かな?
とりあえず『愛の神=ラルフ』だとヴェッティに伝えたいラルフが最高です(笑)

ガラスの艦隊 18話「獅子のごとく・・・」

砲弾をギリギリで回避してなんとか助かったクレオたち。
でもギルティの館は壊滅しちゃったけど(笑)
ギルティはもう用済み??

遅い艦での闘いはクレオよりガウェインの方が
得意なようです。
クレオは艦のボロさのせいにしてるけどガウェインが指揮を
とれば戦艦3つなんて何のその!
ザコ2艦は誰でも読める相打ちガウェインの見事な作戦
により同士討ちで2艦沈めることに成功。さすがは伝説の武人。
そして、残る1艦のヴェッティの艦には体当たりを仕掛けて
白兵戦に持ち込むガウェイン。
クレオが指揮をとってたら負けてたんだろうな。
クレオが今まで強かったのはガラスの戦艦の性能によるところが
大きかったようですね。

でも白兵戦になればクレオも負けてないですよ!
ダイナマイトで気を引いて、その隙にザコ4人を瞬殺です。
クレオ&ガウェインで敵艦動力部の部屋の前まで辿り着くと
たくさんの弓兵が矢を連射してきて
近づけないクレオとガウェイン(今まで矢に当たったことないくせに)
ダイナマイトで弓兵を一掃。
敵の援軍をクレオが引き受け、ガウェインが動力部破壊に・・・
「ヴェッティ呼んでこいよ」といったのに
結局敵が呼んできたザコを相手に奮闘するクレオを余所に
動力部で待ち伏せしていたヴェッティと闘うことになったガウェイン。

剣を折られてピンチなガウェイン。
しかし、ヴェッティの攻撃を腕で受けて、ヴェッティに
膝蹴りを食らわせてマウントポジションをとり
形勢逆転でヴェッティを追い詰めるガウェイン。
しかし、止めを刺そうとしたところで、ヴェッティの顔に
誰かの面影を見て攻撃を躊躇い、逆に胸を剣で刺されてしまうガウェイン。

助けにクレオたちがきて、クレオがガウェインを運んでる間に
敵の当たらない矢の集中砲火を受けるクレオ(片手で難なく捌いてるけど)
そのピンチに(全然ピンチじゃないけど)ボンベイが身を張って
クレオたちを追ってから守る。

そして体中に巻きつけたダイナマイト(いつ火つけたの?)で敵に近寄って
自爆するボンベイ。
そして仲間の中で初めて弓矢が当たったボンベイ(全く効いてなかったけど


ボンベイの活躍で艦に戻ったクレオたち。
しかし、ガウェインはソレイユがないので当然キズは致命傷でした。
そして息を引き取る前にガウェインはクレオに言う。

「殿下には血肉を分けた兄弟がいる」



クレオの実の兄弟ってやっぱりヴェッティ?
ヴェッティは兄弟にラブしてたんですか(笑)
ボンベイとガウェインが死んでしまったのは惜しかったなぁ。
結構好きだったんですけどね・・・特にボンベイ。
しかし、ガウェインは戦術も戦闘も超一流ですね。
ガウェインの膝蹴りを食らったヴェッティ様。
プライドの高い彼が、部下に肩を貸して貰わないと
歩けないほどの強力な膝蹴りを出せるとは、恐るべし。
次週はバラバラだった仲間がようやく集まるようですね。
最後の敵は十字聖教になるのかな?
それとも、神聖皇帝軍かな?
コンラッドとゴルナ法皇あたりが手を組むってことも有り得そう。
ヘクター率いる新・革命軍(果たしてヘクターは作れるのか?)が
参戦してくるのかも気になるところです。
全く関係なくもないけど、ミシェルのメイドになるのは難しいんですね。
お茶の入れ方は勿論、情報収集、戦闘力、艦の操舵と
全部こなさないといけないようです。
ということはジャンも実は結構凄い・・・はずに違いありません!
これからのジャンにちょっと期待です。

ガラスの艦隊 17話「飛翔のごとく・・・」

ラルフはギルティにヴェッティを救うカギを聞くことになる。
ギルティに案内され、とんんでもなく深い階段を下りていったが
途中で足を滑らせ滑り台みたく一気に下まで着くラルフ。
ラルフは鋼鉄の尻の持ち主らしく、ちょっと痛いだけですんでよかったです。
以前聞いた予言には続きあり、予言は全部で

終わりの時双頭の鷲産まれる。
一つは鉄の鎧をまとい、一つは愛の神とならん。
やがて二つは一つとなり、汝この銀河を一つにせしむ
双頭の鷲を作りし箱、星の庫に眠る。
求める者あらば再び目覚めん。

そしてギルティはラルフに「求めよ、星の箱を」と言うと消える。
そして、それを聞いたラルフは

やっぱり愛の神はレイチェルじゃなくて僕なんだよ。

と勝手に解釈をしてやる気マンマン(笑)

クレオたちがいた星は以前ギルティの館を訪れたオルレアンであった。
オルレアンが掃き溜めの星と言い聞かされていたのも、十字聖教が秘密を隠すためなのかもしれません。
ギルティの館にちゃっかり戦艦を隠しておいた提督。
ソレイユをクレオパワーで機動させて、これで戦艦を動かせる!
迷子になったと思ったら、実は戦艦に乗りこんでいたラルフ。
今の現場を目撃して、何処から出したのか?通信機を使って早速
ヴェッティ様に報告を・・・

「な〜にしてんだ〜」

よりにもよって青春男に見付かってしまったラルフ。
色んな意味でビビリまくるラルフ。
冗談抜きでラルフが青春男に襲われそうな気がしたんですけど(笑)
なんとか発信準備までできた戦艦。
しかし、ヴェッティも戦艦でオルレアンを攻撃してきた!


ミシェル側では
前回厳しい敵の警備の網を突破するのに策を考えていたシルアたち。
そこで、シルアは神聖皇帝軍のメイドの試験を突破してきたのか、
メイドとしてミシェルに近づく事に成功。
そしてミシェルの剣もちゃんと台車の下に隠してたんですね。
ベタ方法で脱出を図るミシェルとシルア。
バダットたちはハイザックを囮に使いその隙に艦を奪取に成功。

王家秘伝の駆け足
王家秘伝の一発点火
シルア様は俺が守る!


ミシェルとシルアを無事救出成功
と大活躍のハイザックでした(笑)


ゴルナ法皇の怪しい行動からすると神聖皇帝軍に一波乱ありそうです。
そしてヘクターも何か行動を起こすのでしょうか?
次週は再びヴェッティと戦艦対決するようですけど、ガラスの艦隊なしで勝てるのかかが気になります。

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
アクセスカウンター
人気ブログランキング(1日1クリックしてくださると、嬉しいです)
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM