スポンサーサイト

  • 2007.02.25 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


翠玉のリ・マージョンの謎

この考察は16話を見た時点で書いたものです。




1話と16話において描かれた翠玉のリ・マージョン。
しかし、1話では失敗、16話では成功(あれで成功かは分からないけど)しました。

失敗したときは
大爆発が起き、敵は爆発に巻き込まれほぼ全滅。
アムリアが消滅して、サジッタ席は酷く変形。

成功したときは
大爆発が起きるが敵は1機も減ってない。
ドミヌーラとリモネはシムーンごと消滅。


今回明らかになったのが翠玉のリ・マージョンは成功すると、リ・マージョンを描いたシュビラにだけ効果があるということ。
公式HPでは翠玉のリ・マージョンは成功すると
『テンプスパティウムの側に仕えることができる』らしい。
これが本当だとすると、ドミヌーラとリモネはテンプスパティウムに仕える為に消えたことになる。
しかし、そうすると翠玉のリ・マージョンを失敗したアムリアも神に仕えた事になってしまう。
これは何かおかしい。

解決のヒントは、やはりドミヌーラが見た『ヘリカル・モートリス』の中身でしょう。
ドミヌーラは中身の『螺旋』を見るや泣き出し、さらには死ぬ一歩手前まで精神がおかしくなった。
16話でドミヌーラの信じるモノは
『宮国であり、テンプスパティウム』だと言った。
しかし、ドミヌーラはテンプスパティウムの像を破壊した。
そしてリモネにヘリカルモートリスの中身を見て
「抱いていた誇りを破壊し、信じるものが打ち砕かれた」
と言っている。
ここで信じるものとは宮国でありテンプスパティウムのこと。
それを打ち砕かれるほどの内容をドミヌーラは見た。
という事はドミヌーラは
『宮国やテンプスパティウムを否定するモノ』を見たという事です。
そして、ドミヌーラが本当に怖いと言っているのは、恐怖の先に見えた僅かなモノ。それを言うならば『希望』(怖いのに希望という矛盾)というドミヌーラ。
そして、ドミヌーラとリモネは翠玉のリ・マージョンを成功させるのだが
その時の会話が
「リモネ」
「ドミヌーラ」
「怖くないわ」
「うん。怖くない」
「一緒よ」
「一緒」
「どこまでも」
「うん。どこまでも」
この会話で私が感じたのは2人が非常に近い存在になったということです。
この前からもリモネはドミヌーラの考えが分かるほど2人の気持ちは近かった。
ここからは完全に仮定でですけど、翠玉のリ・マージョンを成功させると
『一心同体』になると思います。
パルという言葉がドミヌーラとリモネの間で盛んに使われている。
シムーンはパル同士が認め合わないと動かない。
最近のシムーンの話で使われてる言い方をすると
『相手を求める気持ち』がないと動かない。
そして相手を求める気持ちが増していき最後は2人で1人になる手段が翠玉のリ・マージョン。
そして成功したパルは1人になり、生まれ変わるのだと思います。
違う人間が1つになるのは怖い。しかし、ある意味、それは生まれ変わりという希望とも取れる。
ヘリカルモートリスは新しい人間を作る繭みたいなものだと思います。
ヘリカルモートリスの『螺旋』も生まれ変わりを意味してるのではないでしょうか?
エリーが泉に行き性を受けたときに『螺旋』の絵が出てきました。
それは、男になるという『生まれ変わり』なのだと思います。
また、翠玉のリ・マージョンを失敗したアムリアはヘリカリモートリスの中に精神だけの状態で閉じ込められた。
ドミヌーラが見たモノはアムリアの精神と今までの宮国の歴史ではないでしょうか?
今までの宮国の歴史の裏を見て信じてたモノが打ち砕かれ、精神状態のアムリアを見て翠玉のリ・マージョンの先が分かったのではないでしょうか?
テンプスパティウムの存在は大昔に都合よく作られた神であり、決して神聖な神ではないのだと思います。
それを知り、ドミヌーラはテンプスパティウムの像を破壊した。
恐らく本当の神は嶺国の神なのではないでしょうか?
宮国はシムーンを独占したいがために、偽りの神または、派生したテンプスパティウムを作り、人々に『信じるモノ』を与え、独立に踏み切った。
その結果、嶺国と宮国の2つの国に分かれたのだと思います。
そうすれば嶺国と宮国の神が元は同じだったと言うのも説明できます。
そして、宮国の泉でオナシアの左にはテンプスパティウムの偶像が立っていますが、何故か片翼だけ。
それに右にも立っていてもおかしくないのに立っていない。
おそらく嶺国にも泉があり、そこでは右側に立っておりやっぱり片翼なのだと思います。


まとめると、
翠玉のリ・マージョンはパル同士が一つになるリ・マージョンでること。
成功したパルは1人の人間として生まれ変わる。
テンプスパティウムはシムーンを独占したい人たちが作り上げた神である。
嶺国と宮国は昔1つの国だった。
ヘリカルモートリスの中身は翠玉のリ・マージョンを失敗したシュビラの精神と宮国の歴史が入っている。

と考えてみました。来週の17話ではアーエルとネヴィリルがオナシアに会いに行ってるので、来週には真相が明らかになるかも知れません。

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
アクセスカウンター
人気ブログランキング(1日1クリックしてくださると、嬉しいです)
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM