スポンサーサイト

  • 2007.02.25 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


009−1 5話「黄金の女」

ローマで休暇を楽しむミレーヌ。
やっぱ休暇はいいなぁ・・・
続きを読む >>

009−1 4話「古城よりの招待状」

拉致されたDrサトナカの情報を提供するという
ファントムという人物または組織から連絡があった・・・
続きを読む >>

009−1 3話「ハードボイルド」

仕事は昼間限定、期間は2週間。
使うのは古いライフル。弾は1発のみ。
そして、ターゲット以外は殺さない。
彼は009−1に言う
「情で殺すのが人殺し、流儀で殺すのが殺し屋」

通称エッグと呼ばれる殺し屋を始末するのが今回の任務。
そして、エッグに標的にされた009−1。
そして、リゾート地で昼間は銃撃戦、夜はお食事を楽しむという
殺しあう2人とは思えない光景。

しかし、エッグは009−1に攻撃を当てられず
009−1はエッグに近づくことができない。
そんな2人は「お互いにネタ晴らし、しましょうね」 とネタ晴らし。

009−1はハイテクのイヤリングで銃弾の音を聞いていて
エッグは生まれつき目が悪かったせいで、殺気に敏感なんだとか。
どちらも、インチキですね(笑)
そして、ネタ晴らし後の決闘!
エッグの銃弾ははずれ、009−1の銃弾がエッグの腕を打ち抜く。
勝敗を分けたモノ。それは・・・

相手を騙すこと

009−1の銃弾を聞く装置は体内に埋め込まれていて
イヤリングはただの飾りだった。
銃をエッグに好きつけ009−1は言う
「殺しに種類なんかない。ただ殺すだけ」

自分の殺しのプロとしてのスタイルに拘ったエッグ。
そんなプロ意識なんか持たない009−1。
お互いに殺しをやってるわけだけど、その任務にどう向き合ってる
かは2人で全く違っている。
エッグに向かって引き金を引く前の009−1の目は
流儀も、拘りもない『ただ殺すだけ』って感じでゾクっとする。
ところで、ホテルの従業員さん・・・
「おかえりなさいませ」じゃないですよ。
今、この人外で銃撃戦してたんですよ!!!
警察よびましょうよ(笑)

009-1 2話「聖夜」

初っ端からUFOと戦闘を繰り広げているので
1話から2話の間に何があったの??と首をかしげてたら
009−1の模擬戦闘だったのね。
でもUFOと模擬戦闘して意味あるの?(笑)

遺伝変種絶滅法なるものがあり、ミュータントと呼ばれる
X−MENな能力を持つ人を捕まえ、殺したり
実験に使われたりしている。
009−1の今回の任務は、未だ捕まえられない
ミュータントを軍が処理するのを確認する事・・・
と、前回とは違って地味〜な任務。

軍がミュータントの少女を追い詰めるも
兵隊達は突如、殴り合いを始め、全員気絶。
そして、隊長のゴメスは拳銃で自殺。
しかし、その場にいた009−1には何も起こらない。

「あの子は鏡。自分自身を映す鏡」
一番殺意を抱いていたゴメスは自分の殺意により死に
少女に殺意を抱いていなかった009−1は無事だった。
雪山を一人で走っていく少女はやっぱり遭難して・・・なのかな?
特殊能力を持った人間が化け物なのか?
それとも特別な存在に怯え、排除しようとする人間が化け物なのか?


スパイアクションの時もあれば、今回のように
ノンアクションもあるみたい。
ところで、ミュータント研究のジイさんは出番終わり?
あと、ボスに会いに行くのにセキュリティチェックを受ける009−1.
胸の中まで調べてるのにウケた。

009−1 1話「潜入者たち」

原作は石ノ森章太郎の009ノ1。
原作が作られたのは随分前の話。
なのでキャラも何処か昔を感じさせられる。

世界はイーストブロックとウエストブロックの
2つに分かれ、お互いに核の脅威で平和を保ってきた。
そんな時代に、大事なモノ。
それは

情報

両陣営はスパイを使って、敵の情報を手に入れる。
そして、主人公009−1ことミレーヌ・ホフマン
(声優は釈 由美子さんだけど中々いいんじゃない。)
は女スパイ。
勿論9人いるんだよね?
まだ4人しかいないんだけど。
これって全員サイボーグなのかな?
一部はサイボーグだと分かるんだけどね。

今回の任務は亡命をしようとしている博士の保護もしくはデータ入手。
博士の研究は核を越えた研究のため、世界情勢の為にも失敗は許されない。
敵に近づくのに女好きのオバさんを利用して
情報をGET。
スパイするのも大変だなぁ。

「女に抱かれた気分はどう?」
「上々よ」


え?そうなの。

敵のアジトには大胆に半強行突入。
情報をGETしたオバさんに、実はスパイだという事が
バレていて、敵に囲まれてピンチになった時は
膝から煙玉を発射したときはビックリ(笑)
その隙に009−1は敵を瞬殺。格闘専門??

変装の達人の009−7も敵のボスに近づき
ボスを暗殺。
ボスを冷ややかな目で見つめる009−7に、今までのお調子者
ではなく、スパイの冷徹な一面が出てたのが怖かった。
でも、爆破スイッチ押させちゃうのはお約束(笑)

博士のデータが猿(勿論メカだよね?)に入ってるのに気付いた
009−1。
博士の保護は無理だったけど、研究データを入手できて
ミッション終了。

役割分担もできていて
009−1は戦闘用(だよね)
009−3は情報収集用
009−4は隠し武器いっぱい(笑)
009−7は変装用。
何だかんだで一番大活躍してるのは
009−7な気がするのは気のせい?

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
アクセスカウンター
人気ブログランキング(1日1クリックしてくださると、嬉しいです)
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM