<< 009-1 2話「聖夜」 | main | デスノート 3話「取引」 >>

スポンサーサイト

  • 2007.02.25 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


009−1 3話「ハードボイルド」

仕事は昼間限定、期間は2週間。
使うのは古いライフル。弾は1発のみ。
そして、ターゲット以外は殺さない。
彼は009−1に言う
「情で殺すのが人殺し、流儀で殺すのが殺し屋」

通称エッグと呼ばれる殺し屋を始末するのが今回の任務。
そして、エッグに標的にされた009−1。
そして、リゾート地で昼間は銃撃戦、夜はお食事を楽しむという
殺しあう2人とは思えない光景。

しかし、エッグは009−1に攻撃を当てられず
009−1はエッグに近づくことができない。
そんな2人は「お互いにネタ晴らし、しましょうね」 とネタ晴らし。

009−1はハイテクのイヤリングで銃弾の音を聞いていて
エッグは生まれつき目が悪かったせいで、殺気に敏感なんだとか。
どちらも、インチキですね(笑)
そして、ネタ晴らし後の決闘!
エッグの銃弾ははずれ、009−1の銃弾がエッグの腕を打ち抜く。
勝敗を分けたモノ。それは・・・

相手を騙すこと

009−1の銃弾を聞く装置は体内に埋め込まれていて
イヤリングはただの飾りだった。
銃をエッグに好きつけ009−1は言う
「殺しに種類なんかない。ただ殺すだけ」

自分の殺しのプロとしてのスタイルに拘ったエッグ。
そんなプロ意識なんか持たない009−1。
お互いに殺しをやってるわけだけど、その任務にどう向き合ってる
かは2人で全く違っている。
エッグに向かって引き金を引く前の009−1の目は
流儀も、拘りもない『ただ殺すだけ』って感じでゾクっとする。
ところで、ホテルの従業員さん・・・
「おかえりなさいませ」じゃないですよ。
今、この人外で銃撃戦してたんですよ!!!
警察よびましょうよ(笑)

スポンサーサイト

  • 2007.02.25 Sunday
  • -
  • 23:18
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
009-1について−アニメバザール ぽんぽこりん
009-1『009-1』(ゼロゼロナイン・ワン)は、石ノ森章太郎原作の『009ノ1』をアニメ化した作品。2006年10月よりTBSテレビ|TBS・ビーエス・アイ|BS-i他にて放送。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia-
  • アニメバザール ぽんぽこりん
  • 2007/03/05 10:49 PM
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
アクセスカウンター
人気ブログランキング(1日1クリックしてくださると、嬉しいです)
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM