<< デスノート 6話「綻び」 | main | デスノート 8話「目線」 >>

スポンサーサイト

  • 2007.02.25 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


デスノート 7話「曇天」

ライトがメチャクチャピンチ・・・

「これで無問題」


と思ったら、偽名なので死なない。
しかも、ナオミの推理は当たっているのでヤバイ。
ナオミが警察署に行くまでの間に何とか本名を聞く策を考えようと
焦りまくりのライト。そりゃ焦るわ。

そして閃いた策が

「僕も捜査本部の一員なんです」

ナオミが食いつきそうな話を振るライト。
しかも、妙に説得力もある話。
そして、苦労の末、ナオミを捜査本部に誘うことに成功し
免許証を見せてもらう事に成功したライト。

「あの、何故そんなに時計を気になさってるのですか?」


「キラだから」


デスノートに名前を書き込まれ自殺するために歩き出すナオミ。
ライトが警察署庁に行く用事がなかったら・・・
相沢がもう少し早く警察庁に着いたら・・・
雪が降らなかったら・・・
ライトは多分ここで終わってたんですよね。
やはり『運』というのがいかに大事かですよね。
ナオミは少ししか出てこなかったけど結構気に入ってたから残念だなぁ。
ちなみにLとナオミの活躍を書いた小説の
『ロザンゼルスBB連続殺人事件』はなかなか面白かったです。

スポンサーサイト

  • 2007.02.25 Sunday
  • -
  • 05:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
アクセスカウンター
人気ブログランキング(1日1クリックしてくださると、嬉しいです)
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM