<< 蒼天の拳 6話「虐殺の処刑遊戯」 | main | テニスの王子様 ジャンプ3号 >>

スポンサーサイト

  • 2007.02.25 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


蒼天の拳 7話「激突」

拳志郎VSゴラン戦決着・・・
いきなりダウン寸前に追い込まれたゴラン。
拳志郎に挑んだ時点で金のおっちゃんよりは強いんですかね。

ゴランの本当のスタイルはボクシングではなくムエタイだったようで
相手が閻王だと知りつつも挑むところは凄いですね。
さてさて、葉さんはいうと、拳志郎の包帯が取れ、正体がバレてしまえば
射殺されてしまうといういらん心配をしています。
そこで葉さんが考えた結論は・・・

黄西飛に飛び込んでの自爆テロ・・・

どうやら手榴弾を遠くから投げて逃げるという発想は無いようです。
この後の子英との会話は良かったですな。

ゴランは拳志郎にボコられ、手も足も出ない・・・
正体がバレても軍は拳志郎に何もしない・・・
騙まし討ちで首相撲に持ち込むが通用せず・・・
絶体絶命のゴラン・・・
もちろん悪党は・・・

こうなる運命。

秘孔を突くこと30秒



えらいことになったゴラン

拳「観客には分からぬよう骨だけ砕いた」
どう考えても観客だって分かってます

スポンサーサイト

  • 2007.02.25 Sunday
  • -
  • 03:09
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
アクセスカウンター
人気ブログランキング(1日1クリックしてくださると、嬉しいです)
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM