<< コードギアス反逆のルルーシュ 11話「ナリタ攻防戦」 | main | ローゼンメイデン・オーベルテューレ >>

スポンサーサイト

  • 2007.02.25 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


テニスの王子様 6&7号

天才と凡人の差は何か・・・
今週号のテニスの王子様を見て、確信しました!
天才は普通では考えつかないことを考えつく人だと思います。

お正月が空けて、2週間ぶりのジャンプ。
もちろん一番気になるのはテニスの王子様ですよね!
前回は銀の波動球無効化という秘技が炸裂したところで
終わりました。
今回はタカさんの絶望フェイスが1コマ目というところからスタートします。
ところで銀を師範と呼ぶのは後輩だけじゃなく、同い年の人にも
言われてるんですね。気持ちはわかりますけどね。
さて、波動球を無効化されても、諦めずにダッシュ波動球を連発するタカさんに
師範は感動し、パワー勝負を受けてくれました。
しかし!!!
弐拾弐式波動球を食らったタカさんは
観客席上段に激突・・・
今までの異常事態や超常現象を無かった事にするような事態。
今週はフンワリ観客席に落ちるのではなく爆発が起こるほどの激突っぷりですからねぇ。
こんなどう考えても異常事態を平然とやってのける
許斐先生は、やはり天才ですね!!
そして、終いには弐拾参式波動球では
観客席最上段まで吹っ飛ぶ始末(笑)
もう、タカさん白目むいてるしね。
なつかしい阿久津が再登場して
「何諦めてんだ 河村」と決めたところで終了でしたけど
あと1ポイント取られたら負けの状況+瀕死の状況で
一体どう巻き返すのでしょうか??
そして、この調子で行くと三十式あたりで場外ホームランしそうな勢いです。
もはやこれはテニスではなく殺し合いです
タカさんと銀の命を賭けた死闘はどうなるのか?
間違いなく決着はポイント勝利ではなくKO勝利ですよね??
波動球の威力があがるにつれ掲載順位が下がるという諸刃の剣。
連載の危機と引き換えに私達に巻末のコメント通り
サプライズを提供して下さる許斐先生はやはりネ申ですね。

スポンサーサイト

  • 2007.02.25 Sunday
  • -
  • 01:33
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
ローゼンのレビューはやらないの?
  • 東国丸
  • 2007/01/12 11:37 PM
やろうと思ったら結構忙しくて
ないがしろにしてたけど
明日か明後日にはやります。
  • wanwan
  • 2007/01/13 11:48 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
テニスの王子様
テニスの王子様『テニスの王子様』(テニスのおうじさま)は、1999年7月より週刊少年ジャンプ(集英社刊)にて連載中の、許斐剛による少年漫画作品。およびそれを原作としたアニメ作品、ミュージカル作品、映画作品、ゲーム作品。略称「テニプリ」。
  • みうのブログ
  • 2007/06/20 6:45 AM
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
アクセスカウンター
人気ブログランキング(1日1クリックしてくださると、嬉しいです)
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM