スポンサーサイト

  • 2007.02.25 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


xxxHOLiC 17話「ジショウ」

今回店にやってくる人は以前パソコン依存症の人かと思ったら・・・

別人でした(笑)

でも似てませんか?もしかして私だけ??

今回店に来た女の人の名前は塗絵さん。塗絵って名前の人って本当にいるのかな?

マスター侑子の命令で100円の伊達メガネを一人突っ込みを入れながら買う君尋。
帰り道に道路に飛び出て自殺しようとした女の人を病院に運んであげる
紳士・君尋。
お見舞いに花束をあげる君尋。良い奴だと思ったら
塗絵さんにいきなり花束ぶつけられる災難な君尋。

この塗絵さんから話を聞くと、どうやら

絶対にやってはいけない事をやらかしたくなる

受験の前に風をわざと引く、プレゼンテーションの前に怪我をするなど。
そんな塗絵を店に連れて来させるように君尋に言い、連れてこさせる。
塗絵さんが侑子さんにコーヒーをかけようとして見やぶられてたけど
本当にかけたら生きて店から出られなさそう。
いきさつを聞いた侑子は塗絵に侑子理論と伊達メガネをプレゼント。

大きな幸せには、それだけの対価がある
難しい仕事をこなすには、相応の努力が必要。
それをこなすのに付いてくるストレスやプレッシャー。
『全ては計算』
塗絵がやってきたことは全て計算。
大事なことの前には計算をし
どうプレッシャーから逃げるのかを計算する。

対価は逃げ道

伊達メガネとアドバイスで視野を変えさせる。
その結果、塗絵は『逃げ道』を選ぶことはない。
今まで逃げてきたプレッシャーと正面からぶつかっていくしかない。


今回は『あやかし』とは全く関係ない人の内面の話でした。
ちなみに私はチキンなので計算しても道路に飛び出せないですよ。
計算で人にコーヒーかけようとするって・・・火傷したらどうすんの。
計算ってコワッ!!
来週は不思議ワールドに行くみたいですね。
キツネにカメに魚・・・いったいどんな世界なんだろう?

xxxHOLiC 16話「サイカイ」

巨大化して元に戻らないクダギツネになつかれまくりの君尋。
井戸に行ってみると油揚げ発見。
誰がくれたのか分からない油揚げを君尋は躊躇せずにクダギツネに食べられちゃいます。
精霊とかの類なので死ぬ事はないと思ったけど
額の模様が一個消えちゃった・・・毒入り??

次の日も躾用に油揚げをあげる君尋。
「それ、あんまりあげすぎない方が良いわよ」
と侑子さんから忠告。
なんでも、クダギツネみたいな類にとっては
油揚げ=ジャンクフードでしかないらしく、あまりあげると、邪気が強くなってコンパクトサイズには戻れなくなるらしい。
ジャンクフードは適度に食べましょう!

でかくなったクダギツネを元に戻すために聖なる気が大量に必要。
そして、モコナが方法を思いつく。

神社の八代から何でも屋に頼んで盗ってきた壷を使う侑子・・・
侑子曰く『対価さえ払えば窃盗もOK』らしいです。
つまりカップラーメンの塩味をパクっても、カレー味を置いていけばセーフ・・・な訳ないか。
侑子さん。何でも屋の御利用は計画的に。

壷に井戸の水を入れ、水晶をいれ、壷の中を覗き込む君尋とクダギツネ。
そして、壷の中に引きずり込まれる君尋とクダギツネ。
壷の中は別世界。良い気が多かったらしくクダギツネはコンパクトサイズに戻った。
出口が分からない君尋は巨大化するスイセン花に脅されて?ダッシュで逃走すると、また変な場所に出てきちゃいました。
何だか暗黒の世界みたいな場所なんですけど・・・

笛の音がするので、音のする方向に行ってみると、そこには
百目鬼のオハギ魂を、誤ってとってしまった
座敷童を発見です。
前回は目立たないようにしてたのでしょうか、今回は着物姿です。
壷のスイセンと座敷童が住む霊山のスイセンつながりでワープしてきた君尋。

君尋はジャンクフード油揚げを貰ったお礼にヘアピンをプレゼントを渡す。
嬉しさで涙を流す座敷童、それを見て顔を真っ赤にする君尋。
良い感じじゃん、と思ったら、やっぱり出現の5人のバカたち。
君尋がハリセンの餌食になるのを止めたのは雨童女。
プレゼントのヘアピンを座敷童につけてあげます。
ところで、人間が食う食べ物はジャンクフード扱いだけど、人間が身に付ける物はセーフのようですね。
なかなか、似合ってますよね?

霊山の池に飛び込んで、無事店に帰ってこれた君尋は井戸の水から出現。
井戸の水を使ったから井戸からでてきたらしいけど、つまりトイレの水だったらトイレからでてくるんでしょうか?
最後は豚汁の具で使った油揚げをクダギツネに盗み食いされて、クダギツネが巨大化されるのかと思ったらセーフだったみたいですね。

次回予告にでてきた女の人って、確か前にパソコン依存症だった人ですよね?次回も何かの依存症がでるのかな。

xxxHOLiC 15話「カイホウ」

いきなり流血した双子の姉を冷静に映画館から連れ出す百目鬼。
店に帰るとモロとマルがモコナかるたでエンジョイ!
二人してズルしあってるのが面白い。

人だけが使える鎖は言葉

知らず知らずに自分を縛っていた姉。
それに気付いた君尋は何とか姉を救いいたい・・・
何だかんだで優しい百目鬼が手伝ってくれて、また店に行く。
百目鬼と話してみることを進めても自分で自分を縛る姉。
そんな姉に君尋はアドバイスするところがカッコイイ。
君尋に「良い事があるって言ってみてください」と言われ、
半信半疑で声にだす姉。
すると、何と百目鬼がカフェ・オレをプレゼント!

明るくなった姉を見て嬉しくなった君尋。
店で侑子にこの事を言うと、侑子は

「言葉が縛るのは自分だけじゃないのよ」


店で出てきたケーキをも再現してしまう君尋の料理の腕前には脱帽。
いつものトリオでお食事していると双子の妹登場。
と思いきや実は姉。元気を取り戻し以前のような姉ではない様子。
そんな姉はカフェでバイトを始めたらしく、招待される君尋と百目鬼。

いざカフェ行ってみると、そこに居たのは以前の暗い時に戻ってしまった姉の姿。指には包帯だらけ・・・
そして、偶然店に来た妹。
家でもよくも皿を割る姉が心配で何度も店に来る妹。

いかにも紅茶をこぼしそうな姉・・・
そして、それを見て心配する妹が注意を促す言葉を発するたびに起こる波。
カタカタ震える手で紅茶を渡そうとする姉。
そして、

百目鬼の腕に紅茶直撃

しかし、この男腕に紅茶がかかっても微動だにしないとは・・・
この紅茶ってぬるいの?
妹が更に姉に言葉を放ち、縛られていく姉・・・

姉を励まそうと必死で呼びかける君尋。
でも妹に反論され何も言えない・・・

そこで真打・侑子さんが登場。
姉に言う・・・

「あなたの願いは何?」

「変わりたい!」


後日、姉に呼ばれた君尋と百目鬼・・・
そこに現れたにはショートヘアになり髪の色が明るくなった姉。
『切った髪が対価』だというらしいけど、人の髪を貰って侑子さんはどうするんでしょうか?やっぱり何かに使えるのかな?

後悔しないように百目鬼に告白する姉。
結果は失敗だったけど、もう落ち込む事はなさそうなので一安心。

最後は
「無理って決め付けたら何もできない」
という言葉を逆手に取られて、百目鬼と侑子にイジラれる君尋でした。


言葉は生きているといった侑子のセリフが印象的。
一度出した言葉は変えられないし、またその言葉によっては人を塞ぎこむことも生き生きとさせることもできる魔法。
今回の妹のように決して悪気があるわけではないんだけど、結果として姉を縛り付けてしまう事もある。
言語を使えるのが人間だけなので『人間だけが使える言葉という鎖』
個人的には今回は君尋だけで解決してほしかったかな。
侑子さんの超能力で強制解決されてしまうと、君尋がしてた励ましの言葉による努力が無意味に感じてしまう。
いや。きっとこれは侑子が最後にやったのは姉のを縛っているモノを全て取り除いて、ゼロからスタートさせ、スタートした姉は君尋の言葉を思い出し前とは違った自分になれたという事なのでしょう。
という事にしときます。

xxxHOLiC 14話「フウイン」

デパートでお買い物の君尋と侑子とモコナ。
ところで、侑子さんは何処で『現金』を手に入れてくるのか?
やっぱり物々交換かな。

君尋が侑子にいじられていると、双子の女の子を発見。
肉料理か魚料理で迷っていて、結局両方買う双子。
「今日は肉料理になるんだろうな、って思って。」
侑子は言う。果たして当たってるのか??

後日、君尋が双子の片方と会う。
なにやらコンタクトを落として困ってる様子・・・
君尋が一緒に探していると、女は言う
「でも、見付からないと思います」
そして、女の口から出る『波』。

このことを侑子に言う君尋。
そして侑子は言う。
「生き物はいろんなモノに縛られている」
自然、自分の体、心などによって。
「見付からなかったんじゃない、見つけなかった」
自分の言葉で自分を縛っているということかな。

百目鬼と今回はハンバーガー店でデート(笑)
何だかんだで仲良い2人。
ひとり言が他人にまで聞こえるのを心配している百目鬼。
君尋がいなくなると「昼食を作る人がいなくなる」と百目鬼らしいコメント。
そしてたまたまハンバーガー店であった双子の姉。
そして、双子とダブルデート。
妹は元気なのに対して、姉は内気・・・
君尋と話していて、姉は言う。
「でも、妹は私と全然違うから」
姉が言うと、また波が起こる・・・

どうやら、ネガティブ発言をすると発生する波。
双子は両方とも百目鬼が好みの様子だけど、姉は内気なのと、妹に遠慮してなのか百目鬼にアピールできない様子。
真夏のコゴキブリのように大量発生する映画館のあやかし。
行きたくなかったが君尋も仕方なく同行・・・

双子が人間かどうかでビビってる君尋。
人を手玉に取るだけでなく、普通にお手玉もできる侑子に聞くと、人間だという事が分かりちょっと安心。
侑子に『波』のことを聞く君尋。
『音波』や『電波などの波動・振動』など・・・
そして、
『自分で抗えないモノも波』

そして、映画館に行く4人。
案の定大量に発生するあやかし。
怖いシーンでは特に発生するみたいだけど、百目鬼のお陰で普段より全然大丈夫な君尋。
そして、百目鬼のあやかしを寄せ付けない力は普通の人にも通じるかもしれないらしい。
怖いシ^ンで百目鬼にだきつく妹に対して、ただただ俯く姉。
「早く、出たいな」
周りのあやかしは、この言葉に反応してクネクネしだし
君尋は頭痛・・・
そして、姉は額から流血!
これはやっぱり、「ここから出たい」という言葉によって、起こった現象だよね。
『波』と『あやかし』も関係があるのかな?
今回は2話完結らしく、この続きは次週。
そして、今回はヒマワリが君尋の心の中を読む、ということをやった。
やっぱりタダ者じゃないヒマワリ。
最終話らへんは、やっぱりヒマワリに関係する話になるのかな?

xxxHOLiC 13話「ヘンボウ」

人の内面にある暴力性の話。
普段おとなく、優しい少女の美絵。
君尋が美絵の背中を見ると『天使の羽』がある。
そして、その日から成長していく羽と彼女の行動の暴力性。
美絵の背中から抜け落ちた羽を持って帰ると
侑子から「エにされないように気をつけなさい」との意味深な忠告。

お祭りに行くと、人とトラブルを起こす美絵を発見。
そして、ますます成長する羽。
気になって後を追うと、今度は君尋につっかかってくる。
百目鬼が美絵をとめると、美絵の背中から飛び出す、羽の生えたあやかし。
そして、君尋に襲い掛かってくるも、クダキツネが九尾のキツネに変身して助けてくれる。

そして、侑子があらわれて、あやかしについて説明してくれる。
あやかしの名前は「ハネ」と言って、心に『抑制力を失ってもかまわないと強く思っている人に取り付く』あやかしであるらしい。


意識を取り戻した美絵。でも、放心状態。
一度感情を失うと、魂のバランスが崩れて元に戻るのが難しいらしい。

「人間の長所は欠点があるってことよ。」

「失くしてしまった感情は、もう一度育てなおせば良い」





おとなしくても、心の中ではなにを考えているかは分からないですよね。
ところで、雨童女が対価にくれたクダキツネは対価以上の価値がある気がするんですけど。やっぱり人間じゃないだけあって良い物を持ってるってことでしょうか。
マルとモロは店から『魂がないから出られない』とのこと。
「魂がなかったら話すこともできないのでは?」と思うけど、私が思ってる魂とは違うのかな?店と店の外では違うらしいし。
この理由は、そのうち明かされるのかな?



xxxHOLiC 12話「ナツカゲ」

今回はみんなで別荘にお泊りに行く話。
別荘に行くのに君尋はみんなの荷物持ちで大変。
そんな君尋に侑子は言います。

助けてって言えば百目鬼君が助けてくれる。」

もちろん君尋は言いませんけど。

別荘について、台所を見ると青い花が・・・

夕飯を終えて、食後のデザートを楽しむ。
そして、明日に備えて今日は早めに寝ることに。
片付けの時に百目鬼は君尋に言います。

「助けてって言え。」

やっぱり言わない君尋。

夜になり、壁から『ひっかく音』で目を覚ます君尋。
どうやら壁の向こうから音がするので、廊下に出ると、音がする方は壁で行き止まり。
でもベランダから隣を見ると奥行きがあるので部屋はあるようだ。
もう一度廊下に出て壁に耳を当てると

壁がやぶれる

壁が壊れるならまだしも、やぶれるってのは何故?
壁の向こうの部屋に入ると中は真っ暗。
そして、壁には青い文字

『ここからでたい』

と書かれた壁。
そして床から貞子化け物出現・・・
ビビリまくる君尋。
そんなピンチに百目鬼登場。

「助けてって言え」

それでも言わない君尋。

電気が付き、部屋に入ってくる侑子とヒマワリ。
化け物もモコナが演出。

ドッキリでした!

今回の企画はヒマワリが海にあやかしや霊が出るために泳げない君尋のために考えたもの。
君尋が百目鬼に「助けて」と言えば一日限定であやかしや霊を寄せ付けない契約ができたらしい。
普段の君尋は言うはずがないので、「助けて」と言わせるような状況を作ったとのこと。
もう遅いけど(笑)

君尋がヒマワリから今回の元ネタの『青いドレスを着た女の人が壁に閉じ込められ壁に青い文字で助けを書いた』というのを聞いて、

「それで台所に青い花とか飾ってたんだ」

しかし、誰も飾ってはいないという。
壁を作ったり、壁に青い文字を書いたりはした。
でも、花は飾ってない。
花瓶には新しい水が入っていた。でも蛇口が固かったからしばらくは誰も使ってなかったはず・・・
では誰が花を置いたのか・・・
君尋は、どうせまたみんながからかってるのかと思ってる。
そして、君尋が別荘の窓をみると

青いドレスを着た女の人がこちらを見てる・・・

「やっと出られる」


今回はドッキリで終わるかと思いきや、最後に幽霊?登場で怖く締めくくりました。
君尋と百目鬼は休みでも制服着てるんですね(笑)私服ないのかな。
君尋はあやかしは大丈夫だけど、幽霊は怖いようですね。
あまり差がない気がしますけどね。
ところで、海での水遊びくらいなら君尋でも大丈夫な気が・・・

xxxHOLiC 11話「コクハク」

百目鬼への不満を込めたながら、おはぎを作る君尋。
料理の才能バツグンな君尋。初めて作ったオハギもおいしく作れたようです。
関東ではつぶあん、関西ではこしあん。
季節によって名前が変わる。
小豆の赤い色には災厄よけの、まじないの効果があると言われている。

全部知らなかったんですけど(笑)
もしかして、結構有名?

残り1個のおはぎを、ヒマワリにあげようと自宅に行くも旅行中。
結局おはぎは百目鬼に食される・・・
しかし、このおはぎを食ったせいで百目鬼は不幸な事に・・・

いつのまにやらブランコに座ってる一人の女の子。
君尋は百目鬼のファンの女の子と思い気を聞かせて、百目鬼と話をさせてあげます。

私あわててしまって、大切な人に渡す『お中元』、持ってくるのを忘れてしまって・・・

でも、ありました!

ここに。


手が百目鬼にメリ込んじゃったよ!


わぁ、凄くおいしそうなおはぎ!

百目鬼の体内から『おはぎ』を泥棒してしまいました。
でも、『おはぎ』がキレイな形で出てきたのは大人の都合なんでしょうかね(笑)
意識を失う百目鬼。
君尋が女の子を見ると、女の子は泣きながら、たくさんの青い光の粒と共に空を飛んで逃走。

「と、飛んだ。普通飛ばねーよなぁ。女の子は。」


それ以前に普通の女の子は人の体内から

おはぎを取り出したりしませんから(笑)




「あ〜らら。見事に魂を抜かれてるわ。」


あれ?という事は、



百目鬼の魂=おはぎ

という事でいいんでしょうか?(笑)
さすがに、おはぎと一緒に魂も取り出しちゃったということですよね?

侑子は巨大な鳥とモコナを君尋に手伝わせ、女の子探しに行くことに。

女の子を発見して追いかける君尋たち。
でも女の子は泣きながら、また逃走。
すると、何だかボードに乗ってハリセン持ったチビ5人に攻撃されるハメになった君尋たち。
ハリセン攻撃を見事にかわした君尋。
しかし、手綱を離してしまったので鳥から落下。

落ちる君尋を包み込む青い光。
助けてくれたのは、女の子。

「私が渡したかったのは、あなたです。」

自分で作ったおはぎを、百目鬼の魂ごと渡される君尋。
君尋が戸惑っていると、雨童女が登場。
女の子の正体は『座敷童』で君尋に告白しようと思って、普段は体にあまりよくない人の住む町に来たらしい。
ちなみにチビたちの正体は『カラス天狗』。
結局、君尋は座敷童に返事をしないまま・・・
何か一言くらい言ってあげた方が良いのでは・・・

取り返したおはぎは百目鬼に返品しないといけないので
侑子曰く『座敷童からの愛情がこもった特別なお中元』を食べれなくて残念がる君尋・・・
彼は

他人が食べた唾と胃液まみれに

なってあるであろうオハギ


を食べたかったのでしょうかね(笑)

かくして百目鬼の魂とおはぎは無事百目鬼の体内に戻り一件落着でした。


きっと、今回は街で『謎の光発生』やら『巨大鳥の出現』やら『空飛ぶ少女』、『ボードに乗った謎のチビたち』など、怪奇現象オンパレードでニュースが盛り上がったでしょうね(笑)
次回予告では侑子ではなくて君尋が担当。
次はみんなで、お泊りにようですね。
作品の中では、もう夏。
はやく梅雨あけないかなぁ。

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
アクセスカウンター
人気ブログランキング(1日1クリックしてくださると、嬉しいです)
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM