スポンサーサイト

  • 2007.02.25 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ARIA The NATURAL 19話「その 泣き虫さんったら・・・  その 乙女心ってば・・・」

今回は藍華ちゃん祭りの回でした。

いつもの、アイちゃん、うんたらかんたらで始まる冒頭のナレーションも
今回は藍華に変更で、2話とも藍華がメインの話という
藍華ファンの藍華ファンによる藍華ファンのための話
は言いすぎかな(笑)

最初はAパート「その 泣き虫さんたら・・・」
前回髪をバッサリ切った藍華。そのせいかどうかは分からないけど
夏カゼをひいてしまい、さらに3日たっても治らないので
暇人モード全開になってしまった藍華ちゃん。
晃が藍華の様子を見に来てくれたり、両親や灯里やアリスに
連絡を取ってくれたりと気が利きまくりで優しい晃さん。
晃さんの素晴らしさはアクア一ィィィィ!
ですよマジで。
藍華は退屈しのぎで微熱だったけど外出して、プリンを食べに・・・
しかし、買ったのはヘアピンとジェラード。
プリン買ってねぇぇぇ。
うどん食べに行こうと思ったらソバ食いたくなったっていう心理みたいな
モノですかね(笑)
そんな藍華ちゃん、練習してる灯里とアリスを見て突然何かを思ったら
しく自分の部屋に帰っちゃいます。
灯里とアリスがお見舞いに来ると藍華から入室禁止を言われます。
「じゃあ、帰ろうか」
「でっかい、そうしましょう」
となったら話が終わってしまうので
灯里とアリスは部屋に入っちゃいます。
中に入ると泣いている藍華。
「プリンが悪いの。プリンのせいでこんな事になっちゃったの」
と原因はプリンにあるようです。
でも泣いてる原因は練習してる灯里とアリスを見て
自分がいる時より生き生きしてるから
自分はいなくても、世界は動いている事実。
自分はいてもいなくても変わらないと思ってしまったようですね。
プリンがいけないというのはプリンを食べたいから
外出してしまって、その事実に気付いてしまったという事ですね。
プリンにせいにしちゃいけませんよ(笑)
藍華のこの気持ちを分かるという灯里。
けどアリスの頭の上は?マークがたくさん。
ちなみに私はちょっと藍華の気持ち分かりますね。
結局買えなかったプリンは灯里たちが差し入れでもってきてくれたので
目的のプリンを食べることができた藍華ちゃんでした。

続いてはBパート「その 乙女心ってば・・・」
カゼもすっかり治って元気になった藍華・・・
しか〜し、今度はヘアピンが悪い様子です。
鏡を見るたびに、ある思いがよぎる。
藍華は自分がいないと
アリスはボソボソモードに
灯里は素敵モードになるので練習が成り立たないと
思ってるので中々決断ができないようです。
でも、Aパートで灯里とアリスは藍華なしで練習してたんですけどね(笑)
アリシアや灯里やアリスにヘアピンを褒められて
我慢の限界に。
藍華の悩みはアル君に新しい髪形とヘアピンを見てもらいたいと
いう乙女心。
灯里とアリスに説得され、藍華は出陣。
アパじいさんにアル君の事を聞くと、夕飯を食べにいってしまったらしい。
何でも『おかめうどん』を食べに行ったそうな。
アル君の食べるもの=オヤジ臭い
という脳内方程式が藍華の頭の中では成立してるようですね(笑)

アル君は階段を降りてくると思った藍華は階段を登って出口に行くと
アル君とご対面。
新しい髪形を見せることができ、アル君からも良い言葉が聞けて
満足な藍華。
そしてヘアピンにも気付いてくれて藍華は大満足。
最後は灯里並の恥ずかしいセリフを言って
自分で恥ずかしいセリフを禁止する藍華でした。



ARIA The NATURAL 18話「その 新しい自分に・・・」

昼休みに晃主催でバーベキュー大会!
晃とアリスとアテナで肉ダンスしてるけど
アテナさんだけ向き違う(笑)でっかいドジっ子です。

藍華も気合入れて、いつもとは違う髪形で登場です。
「夏の日差しを受けて一段と光り輝く私の黒髪」

自分で恥ずかしいセリフを言っちゃってる藍華。
アリシアにも恥ずかしいセリフで褒められて喜びまくりの藍華。
長い髪にはアリシアのようになる為の願掛けらしい。

「願掛けなんかしてる暇があったら、その分実力を磨け」
晃にキツ〜イお言葉を頂いて不機嫌気味になった藍華・・・
こういのって結構ヘコむよね。

肉を平らげ今度は晃の焼きおにぎり登場!

その数20個!!

さっき肉を平らげたばかりの人間6人とネコ3匹で果たして
食いきれるのか・・・
残ったら持ち帰り?でも冷えた焼きおにぎりは食いたくないな。

おにぎりを焼いてる間に変な臭いに気付く晃。
藍華の方を見ると・・・

藍華ちゃんが火事だーー!!

晃が髪に引火した火をけすけど、すでに遅し・・・
片アフロになってしまった藍華。

そんな藍華を救うのに一肌脱ぐ灯里とアリス。
「今日の私は本気モードです」
と普段のゴンドラ練習より気合充分な灯里(笑)
結構カワイク仕上がったじゃん!
でも藍華は大事な願掛けを失ったショックが大きい様子。
灯里とアリスが慰めてると晃が
「お前はアリシアにはなれん!」
と一蹴。
泣いて部屋を飛び出そうとする藍華を止めて晃は藍華に言う。


アリシアになれるにはアリシアだけだっつの。
藍華、お前はアリシアでもアテナでも、この晃様でもない。
他の誰も真似できない
ネオヴェネティア史上最高のウンディーネになりゃいいんだよ!


晃さんカッコイイ!!
その言葉に感激して嬉涙を流す藍華を見て
恥ずかしそうに部屋を後にするのは何だか可愛らしげな晃さん。
きっと、灯里とアリスが慰めるだけじゃ立ち直れなかったでしょうね。
でもアリシアだったら立ち直らせられたかも(笑)

次の日、今度は藍華がみんなを呼んでバーベキュー。
料金は

全額藍華持ち

焼肉6人前を半人前のシングルが払えるって事は
ウンディーネって結構お金持ち?それとも肉が安いのかな?

藍華ちゃん、すてキング!

恥ずかしいセリフ禁止!!


髪をさらに切った藍華。いつもの気持ちは藍華に戻ってます。
アリシアにも褒められ恥ずかしながらも上機嫌。
笑顔の晃に笑顔で返す藍華がメチャカワイイらしい。
髪型も一新、新しい自分を見つけられた藍華ちゃんでした。

ちなみに私は新しい髪形の藍華の方が前の藍華より

断然カワイイと思うな。


まっ、個人的にはですけどね(笑)
これも個人的にはですけど
2日連続で焼肉はちょっとねぇ・・・


ARIA The NATURAL 17話「その 雨降る夜が明ければ・・・」

今回はどうやら先週の続きだったようですね。
アリシアの提案で灯里とアリシアとアリア社長と一緒にゴンドラの上で
『ゴンドラさんとお別れディナー』
改め
『ゴンドラさんとありがとうディナー』
をすることに。
灯里が使っているゴンドラはアリシアも新人時代に使っていたゴンドラ。
2人でゴンドラとの別れを悲しんでると
藍華と晃、アリスとアテナがアリシアに誘われてパーティーに参加。

灯里の無駄に長い乾杯の挨拶にダメ出しをしまくるウンディーネたち(笑)
灯里はゴンドラとの記念写真をみんなに見せてると
アリシアも、一人だけちゃっかりプリマになっちゃったんで、もう使わないオンボロ半人前用ゴンドラとのお別れ記念写真を灯里たちに見せます。
パーティも終わり、みんなからお別れの言葉を受けるゴンドラ。
みんなが帰った後も灯里は1人ゴンドラに残り、別れを惜しみます。
今までの想い出を振り返る。それは、このゴンドラのお陰で体験できた数々の想い出。
「本当に、本当に、お世話になりました。ありがとうございました。」
今までの感謝、そしてゴンドラとの別れの寂しさで涙をこぼす灯里。
静かに雨が降るなか、寝てしまった灯里。
しかし、気がつくと誰かが傘をさしてくれた。
傘をさしてくれたのはゴンドラ。
自分を大事に思ってくれる灯里に送る優しさ。

後日ゴンドラは運搬屋に運ばれ新しいパートナーと新しい想い出を作っていくゴンドラ。
そして、新しくパートナーになるゴンドラが灯里の元に届く。
アリシアとアリア社長を乗せてゴンドラを漕ぐと、向こうから見慣れたゴンドラが・・・

このネオ・ヴェネティアで一緒に走ることはないけど、会うことはできる。
ゴンドラは新しいパートナーと
灯里は新しいゴンドラとの想い出を作っていく。
「新しいゴンドラさん。不束者ですが、これからどうぞヨロシクです。」


ウンディーネのゴンドラに対する思いが前回と今回で非常に強くでてました。
私は余り物を大事にする方ではないですけれど・・・
今日から反省します。
人であれ物であれ思い入れが強いと別れは辛い。
でも、最後に灯里がゴンドラを見つけたときは、『完全な別れじゃない』と思いました。
『その 新しい自分に・・・』
誰メインの話だろ?

ARIA The NATURAL 16話「その ゴンドラとの別れは・・・」

灯里愛用のゴンドラもガタがきて、買い換える必要がある。
いてもいなくても変わらない灯里にアリシアはゴンドラとの想い出の場所をカメラに取ってきたら?と提案。
そこで、灯里は次の日に思い出の場所を巡る事に。

うん?OPが一期のになってる!
これは今回だけ?それとも来週以降も?

灯里はまず最初は暁との思い出の場所。初めてのお客さんの暁。
暁をロープウェイに間に合わせるために逆漕ぎをしてた、あの頃。
今では普通に間に合うほど腕を上げたんですね。多分・・・
そして暁と記念撮影。

続いては藍華とアリスと。アリスの希望でアリスが灯里たちに初めて会った場所へ。
そして記念撮影。
ゴンドラを思い涙を流す藍華。ホントにゴンドラ好きなんですね。
きっと、灯里のゴンドラは恥ずかしいセリフを言ってますよ。

その後も色んな人と記念撮影し、最後に訪れたのはシングルに昇格する為の試験だったあの場所。
懐かしい水のエレベーター。
そして、アリシアからシングル合格を言われた時の事を思い出す灯里。
ところで、シングル合格はプリマだったら誰でも決めていいの?
プリマへの昇格試験はさすがにゴンドラ協会が審査するんですよね?
記念撮影もして、再び時間のかかる水のエレベーターに乗る灯里。下につく間に目をつぶる灯里。

気がつくと一人に紳士風の老人がゴンドラに乗ってる。
「どちらまで?」
「あの分かれ道まで」
老人の言う場所までゴンドラを漕ぐ灯里。
しかし、分かれ道に着いても、もう少しゴンドラを漕いで欲しいと頼む老人。長い水路を漕いでいる途中で目を覚ます灯里。
あの老人はきっと、ゴンドラ自身だったのかな。
そう考えると、老人を使用年数ギリギリまで使わせようとするのは気が引ける・・・

ARIAカンパニーに着くと、アリシアがお出迎え。
昔のシュチエーションを思い出し、涙を浮かべる灯里。
長い間本当に、お世話になったゴンドラ・・・
「アリシアさん。今日は一日ありがとうございました」
「夕飯にしましょうか」

明日はいよいよゴンドラとお別れ。
新しいEDが終わり、いざ次回予告。

「その 雨降る夜があければ・・・」

予告の絵は若い時のアリシア、晃、アテナ。
あれ?次回はゴンドラとの別れだと思ったんだけど違うのかな?
それとも実は関係アリだったり?


ARIA The NATURAL 15話「その 広い輪っかの中で・・・」

アリスは学校、藍華はショッピング、アリシアは仕事、アリア社長はお客さんに拉致され、一人で昼食をとることになった灯里。
ところで灯里が午後の練習を一人でやるのかが心配です。多分やらないと思うけど・・・

恥ずかしいセリフを言ってると、珍しく、くるみパン大好き晃が登場。
晃って絶対出番少ないよね。同じ水の3大妖精のアテナの方が多くでてる気がする。
一緒に食事中でも、恥ずかしいセリフが止まらない灯里。
たまたま近くに用事のあった暁に藍華の伝家の宝刀「恥ずかしいセリフ禁止」をいわれちゃいます。
今度は暁も食事に参加。
おなかが減ってる暁。
灯里に「あ〜ん」されて、迷ってるところを晃に奪われる。
暁VS晃 勃発!
今度は藍華ではなく晃。姫屋と仲がよろしくないようで・・・
そして、今度は気配の消し方アクア1のアルが登場!
彼の口から暁とウッディの過去の話が語られる・・・

昔から湯のみ持参のアル君。ジジクサ!
彼が見守るなか暁とウッディは100%死ぬであろう滑り台で度胸試し。
アクアの公園はスリリングすぎです。
暁はブレーキをちょっと入れてでクリア。
一方のウッディは結構ブレーキをかけながら何とかクリア。
勝ち誇る暁に謎の2人組が登場!
一緒に遊ぼうと声をかけてきます。

一人は帽子をかぶってる黒髪のヤンチャそうな女の子。
もう一人は金髪の「あらあら」が口癖っぽい、おしとやかな女の子。

もちろん、小さい時の晃とアリシアです。
しかし、正義の味方を目指す暁は、修行の邪魔だと拒否。
続いて、ブランコの修行に挑戦!
「より遠くに飛べたら正義の力に近づくことができる」と信じる暁。
でも全然ブランコで飛んでない(笑)
正義の道のりはまだまだ険しそうです。

しかし、その隣では

悪鬼の形相で猛スピードでブランコを漕ぐ晃が・・・

しかも、ケケケケケと声も不気味・・・
そして大ジャンプ!
正義の味方の卵・暁まさかの惨敗・・・

「きさま何様だ」

「俺様だ」


この態度に正義の暁は晃に決闘を申し込みます。

勝負内容はさっきの滑り台で、より早く、よりカッコ良く、フィニッシュできたほうの勝ち。
この状況下で気付いてるのか気付いてないのか、未だお茶を飲み続けるアル君。そもそも、こんな暑い日に熱いお茶飲むところが鉄人。


先に晃が挑戦。
ノーブレーキで、大ジャンプまで披露する晃。
遺伝子いじってないですよね?
暁は晃の、まさかのノーブレーキにビビリまくり・・・
逃げ出しそうになるも戦友ウッディのおかげで、滑り台に挑む覚悟ができた暁。
助走をつけて、大ジャンプまでも披露。
そして、名セリフ「俺は確かに高速を超えた」まで決まったが
まさかの着地失敗!
晃に負けて悔し泣きする暁を見て、晃は自分の負けにしてあげます。
そして、ウッディと暁より1つ上で、過去話が始まる前に「2人の面倒を見ていた」と言っていたアル君。
暁が着地失敗したとき、全然慌ててなかったんですけど・・・

夕焼けの中、暁は晃に『アクアの平和を守る役目』を授ける。
が晃イズムによって却下される暁・・・
そして、少年の口から出た言葉は・・・

「兄貴と呼ばせてくれ」

「断る!」


そして、アル君の話が終わったとき、
さきまでは昼間だったのに夕方に・・・

どれだけ長話なんですか(笑)

いつのまにやら話に参加していたアリシア。
そして、アリシアの言葉で暁はあのころに出会ったのがアリシアと晃だと気付く。
つまり小さい時の晃を男だと思ってたみたい。
暁の想像では
ビックな逞しい兄貴だったが、本当は
女装趣味のやされた男だった晃・・・もちろん晃は女です。

灯里以外の4人で話が盛り上がる。
灯里はスネて、席から離れ4人を見る。
灯里が感じたのは『人の輪』
でも、マンホーム出身の自分は4人の輪に入れない。
(というより、あの時一緒に遊んでなかったから輪に入れないのでは?)
そんな灯里に晃は
「灯里ちゃんも、今は輪の中にいる」
とフォロー。
灯里は気付いてないけど、輪の中心は灯里。

そして、お仕事中のアテナのカンツォーネが響くなか
死体運搬役と間違えられた人形劇の男
練習をサボってヒメ社長のリボン探しに没頭している藍華
身長が伸びないし老け顔のガラス職人の見習いアントン
いつまでたってもミドルスクールを卒業できないアリス
正義の味方を夢見た少年の兄貴
そして、過去話に唯一参加できなかったウッディ・・・


これらはみんな灯里が輪になってできた繋がり。
気付いたらみんなの中心の灯里。
そして、忘れちゃいけない。
恥ずかしいセリフ病に感染されたアイちゃんも灯里という輪によってできた大切な友達ですよね。





ARIA The NATURAL 14話「その いちばん新しい想い出に・・・」

パリーナと呼ばれるゴンドラをつなげるのに役に立つ水中に刺してある杭。
そして、個人物や会社で所有しているのは『彩色パリーナ』。
朝早くに目が覚めてゴンドラ散歩をする灯里。
途中パリーナを手で押してゴンドラを進め、風を楽しむ灯里・・・
でも、腕一本にしてはメチャクチャ進んでいる気が・・・
日々ゴンドラを漕いでる灯里。
ウンディーネとしての器量は上がっていませんが
腕力は付いてるようです(笑)

何故かARIAカンパニーにはない彩色パリーナ。
そして灯里はキャプテン・アリシアに彩色パリーナを作るように命令されます・・・

資料探しに昔のARIAカンパニーの写真を見ると
若かりし頃のグランマとアリア社長の写真と途中まで書かれたパリーナのデザインを発見。

「アリア社長  若い」
「ちっとも今との違いが分からない」と多くの人が思ったであろう疑惑の写真。何度見てもやっぱり違いは分からず・・・

あとグランマ、今の2倍は背が高い・・・
いくらなんでも縮みすぎ(笑)



そして、灯里がアルバム探しに夢中になってると、グランマが勝手にARIAカンパニーに侵入。
グランマだったから良いものの、泥棒だったらヤバいですよ!


練習はサボるがアイデアは浮かばない灯里。
でも少しずつイメージを掴んできた灯里。


「海の音も青い色、風の色は白い色」


夜イメージしたものを書いてく灯里。
顎にシャーペンをカチカチしてるけど、このシャーペンの上の部分にアリア社長のが付いてる(笑)
きっと、ARIAカンパニーは、こういった小物売りもしているに違いありません!
そうでなければ、アリシアの指名代金が異常なほど高いのかな。


イメージもでき、翌日ついにパリーナ作り開始。
友達の手は借りなくても社長の手は借りるのが灯里イズム。
黙々と作業をしてついに完成!
完成祝いにパリーナの前で夕食をとる灯里とアリア社長とアリシア。
そして会話をしてると灯里が何かに気付いた様子。

「ずっと、ずっと先、この彩色パリーナに会いに来ると

 今日の私たち3人に会えるってことですよね。」




なんとなく言いたい事は分かりますけど無理がある気が(笑)
『想い出は、その時のまま変わらずに残り続ける』ってことかな。
そして、ここまでくるともはや『化け猫』なアリア社長。
火星猫の寿命は人間並みかそれ以上ということ(笑)

ARIA The NATURAL 13話「その でっかい自分ルールを・・・」

今日の自分ルールは

家まで影だけ踏んで帰る


アリスが最近やっている『自分ルール』。
自分で決めたルールをやり、できたら良い事があるっていうもの。

自分ルール その1 影の無い所を踏んだら失格。
自分ルール その2 影はどんな物でもかまわない。
自分ルール その3 日向を半分踏むのは許可。

建物があると影があって楽だけど、何もない広場などでは、難しい。
おじさんの影、飛んでる飛行機の影などを利用して、いよいよゴール目前。
しかし、最後の最後で失敗・・・片足が日向に着いちゃいます。
今日もダメだったと落ち込んでるとアテナの歌声が聞こえてきます。
ところで、道行く人は『影ふみルールをしているアリス』を見て何おもってるんですかね?
もし、私が家に帰っている途中に、こんな中学生がいたら・・・
「大丈夫か、この子?」と思ってしまう気がするかも・・・


翌日も影ふみのルールでリベンジするアリス。
順調にいってたが、まぁ社長乱入で転びそうになるアリス。
「ギリギリセーフ?」
間一髪でアテナが助けるも自分の力でクリアしないと気がすまないアリス。
アテナが助ける前の場所からやりなおし。

自分ルール その4 他人の手助けは禁止

そして、今度は、影がまるっきし無いところに直面。
そこで、アテナが気を効かして、アテナの影を踏むようにアドバイス。
でも、心なしかアテナさんの立ち位置がだいぶ遠いような気が・・・
あれではジャンプしても届かない気がする。

しかし、アリスはこのアテナの行動にキレちゃいます。
そして、最初からやりなおすアリス。
アテナは落ち込んじゃいます。

アリスはアテナが自分を気にかけてくれる理由がわからない。
夕方になり、簡単すぎる影ふみ。
夕方でも最後は、影と影の間が離れている難しい場所。
チャレンジするアリスをゴンドラから見守るアテナと灯里と藍華。
調子よく飛んでくアリスだが、またしても転びそうに。
そんなピンチを助けたのはアテナさん。
普段からは想像できないが水の3大妖精だけあって凄いです。
どう見ても、ゴンドラは結構離れた位置にあったのにアリスが転びそうになってから、猛スピードでゴンドラをアリスの元によせます。
あれで灯里と藍華がゴンドラから転落したらたぶん爆笑でしたね。
てか実際落ちそうでした。
「すご〜い」とビックリしてる藍華と灯里。

アテナのがゴンドラを寄せたおかげで影ができ、アリスは日向を踏まなかった。
アリスはアテナの優しさと自分の素直になれない気持ちからあせっちゃいます。

「正義の味方きどりなんですか?」
「アリスちゃんの味方きどりなの。」

メチャ優しいアテナさん。
そして、アリスもアテナが自分にとってかけがえのない大事な人である事に気付きます。
アテナは落ち込んでるアリスを元気付けるために歌ってた。
アテナは

自分ルール その5 アテナ先輩は他人じゃないから手助けしてもらって           もかまわない。

「アテナさんはずっとずっと私の味方だったんだ。
 そう、本当の私にとっての味方だったんだ。」



アテナの手助けを良く思ってなかったけど、最後には自分にとってかけがえのない味方であったことに気付くアリス。
普段は気付かない人の優しさ。
アリスがアテナの手助けに生意気なことを言ってもキレないアテナはホントに偉いです。私だったらキレるかも・・・
影から見守ってくれる人っていいですよね。
ところで、アリスが苦戦するポイントは通学路なので毎日通ってる場所なのに、日によって苦戦するポイントが違うのは何故かな?
帰る時間によって、難しいポイントが違うってことかな。

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
アクセスカウンター
人気ブログランキング(1日1クリックしてくださると、嬉しいです)
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM